通功易事【つうこうえきじ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
通功易事

【読み方】
つうこうえきじ

【意味】
仕事を分業にして、各々が作ったものを交換して生産性をあげること。

「通」、「易」は交換すること。「功」、「事」は品物や製品のこと。

【語源・由来】
『孟子』「滕文公・下」


通功易事(つうこうえきじ)の使い方

健太
ともこちゃん何か困っているの?
ともこ
生徒会の仕事が膨大すぎて困るー。
健太
僕たち空手部も手伝うよ。それぞれ得意なことを活用して、通功易事すれば大丈夫だよ。
ともこ
ありがとうー。

通功易事(つうこうえきじ)の例文

  1. 通功易事することで、各人の能力を発揮することができるし、仕事が早く正確に終わる。
  2. ともこちゃんは、通功易事して、仕事を締め切りまでに間に合わせることを提案しました。
  3. みんなの得意分野を生かし通功易事することで、お互いを認め合いながら、楽しく仕事をすることができました。
  4. 通功易事し、誰か一人に負担が偏ることを防ぎ、生産性を上げよう。
  5. 得意な人が得意なことをやって通功易事することが、一番効率がいい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事