陽動作戦【ようどうさくせん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
陽動作戦

【読み方】
ようどうさくせん

【意味】
味方の真の企図をかくし、敵の判断を誤らせるために、わざとある行動に出て敵の注意をその方に向けさせる作戦。


陽動作戦(ようどうさくせん)の使い方

ともこ
健太くん。バスケットボール大会の作戦は考えたの?
健太
陽動作戦をしようと思っているんだ。
ともこ
うまくいくかしら。
健太
僕が敵を引き付けて、ノーマークになった身長が高いクラスメイトがシュートを打つんだ。完璧だよ。

陽動作戦(ようどうさくせん)の例文

  1. 陽動作戦の部隊が攻撃をしている間に、本隊は島の反対側から上陸する。
  2. 健太くんが騒ぎを起こし、その間に逃げるという陽動作戦を決行した。
  3. 陽動作戦は成功したが、陽動部隊は壊滅的な被害をこうむった。
  4. ともこちゃんを囮にして、陽動作戦を行う。
  5. 陽動作戦で手薄になったところを一気に攻め込む。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事