豕交獣畜【しこうじゅうちく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
豕交獣畜

【読み方】
しこうじゅうちく

日本漢字能力検定
1級

【意味】
人をけだもの同様に扱うこと。

【語源・由来】
『孟子』「尽心・上」より。「豕交」は豚とみなして交わること。「獣畜」は獣とみなして養う。人を人としての礼をもって遇しないことをいう。


豕交獣畜(しこうじゅうちく)の使い方

健太
今日も学校で勉強かあ。面倒くさいなあ。
ともこ
あら、学校に行くことができて幸せじゃないの。昔は、子供は10歳くらいから丁稚奉公にでて、豕交獣畜といわんばかりの扱いを受けて育ったのよ。学びたくても学べなかったのよ。
健太
毎日、馬のように働かされたの?それは嫌だな。
ともこ
そうでしょう?だから喜んで学びましょうよ。

豕交獣畜(しこうじゅうちく)の例文

  1. 気が付けば三か月休みがない、豕交獣畜というように、この会社は社員を人間だと思っていない。
  2. 先生は僕らに対して、豕交獣畜、動物に鞭打つように暴力を振るう。
  3. この僕が豕交獣畜のような扱いを受けるなんて、SNSにアップして世間に公表してやる。
  4. 豕交獣畜というように、暴言ばかりはく上司は、私たちのことを言葉が通じない動物だと思っている。
  5. この情報化社会で、部下に対して豕交獣畜というように、非人道的な扱いをしたら、君の立場が危うくなるよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事