容顔美麗【ようがんびれい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
容顔美麗

【読み方】
ようがんびれい

【意味】
顔かたちが美しいこと。

「容顔」は、顔かたち。「美麗」は、美しくつややかであること。

【類義語】
・紅顔華憐(こうがんかれん)


容顔美麗(ようがんびれい)の使い方

健太
ともこちゃん、容顔美麗になりたい?
ともこ
なりたいわよー。
健太
容顔美麗になるには、この化粧水を使えばいいんだよ。今なら三本で一万円!
ともこ
怪しいからやめておくわ。

容顔美麗(ようがんびれい)の例文

  1. ともこちゃんは容顔美麗なので、道行く人は振り返ってともこちゃんを見る。
  2. 健太くんは、容顔美麗な女性に見とれていた。
  3. あんな容顔美麗な女性がこの世にいるんだと驚いた。
  4. 容顔美麗でもうすぐ60歳になるとは思えない若さだ。
  5. このクラスは容顔美麗な人ばかりだが、顔で選ばれたのか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事