狗吠緇衣【くはいしい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
狗吠緇衣

【読み方】
くはいしい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
いつもと違う服を着ていれば、怪しまれることは当たり前のことだということ。

【語源・由来】
「韓非子」説林・下より。「狗吠」は犬が吠えることやその鳴き声。「緇衣」は黒い色の服のこと。楊布が白い服で出かけたが雨に降られたので、黒い服に着替えて帰ると、飼っている犬に吠えられたという故事から。


狗吠緇衣(くはいしい)の使い方

健太
制服を全部クリーニングに出してしまったから、今日は私服で登校して来たら、警備員さんにとめられてしまったよ。
ともこ
そりゃそうよ。狗吠緇衣よ。制服を着ていない人は不審者扱いよ。
健太
そんなあ。こんなに善良な学生の顔をしているのに。
ともこ
普段の素行の悪さが顔に出ているのよ。

狗吠緇衣(くはいしい)の例文

  1. 狗吠緇衣、髪形を変えたら、愛犬に吠えられました。
  2. 狗吠緇衣、飼育員の制服を新調したら、動物たちが落ち着かなくなりました。
  3. 狗吠緇衣、髪の毛の色を変えたら、幼い娘が、怪訝そうに私を見ながら距離をとって様子をうかがっていました。
  4. 狗吠緇衣、飼い犬が、出かけた時と違う服を着た私を見て警戒していたけれども、手にした散歩用のリードを見て駆け寄ってきました。
  5. 狗吠緇衣、いつもと違う車で会社に行ったら、登録されていない車だから社員ではないと疑われました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事