用意万端【よういばんたん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
用意万端

【読み方】
よういばんたん

【意味】
準備の全て。

「用意」は、準備。支度。「万端」は、何もかも。全て。
「用意万端整う」という形で用いられることが多い。

【類義語】
・用意周到(よういしゅうとう)
・用心堅固(ようじんけんご)


用意万端(よういばんたん)の使い方

健太
あー。教科書がない。
ともこ
前日の夜に、次の日の時間割を用意万端整えてから寝ればいいのよ。
健太
分かっているんだけど、部活で疲れて寝てしまうんだよね。
ともこ
ご飯を食べる前に用意万端整えれば、お腹がすいて寝れないでしょ。

用意万端(よういばんたん)の例文

  1. ともこちゃんは、言われる前に書類を用意万端整えた。
  2. パーティー会場である健太くんの家に着くと、用意万端整っていた。
  3. 用意万端整ったので出発しよう。
  4. 用意万端整えて、最終確認をした。
  5. いつその時が来てもいいように、用意万端整えてある。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事