国色天香【こくしょくてんこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
国色天香

【読み方】
こくしょくてんこう

日本漢字能力検定
4級

【意味】
すばらしい香りと国一番の美しさ。牡丹の別名。のちに、美人の形容。

【語源・由来】
『松窓雑録』より。「天香」は天から下る香り、非常によい香りのこと。「国色」は国の中にあるものの中で最も美しい色のこと。「天香」はこの世のものとは思えないほどのよい香りのこと。

【類義語】
・解語之花(かいごのはな)
・魏紫姚黄(ぎしようこう)
・曲眉豊頬(きょくびほうきょう)
・国艶天香(こくえんてんこう)
・天香国色(てんこうこくしょく)


国色天香(こくしょくてんこう)の使い方

健太
ともこちゃんは国色天香だって知っていたけど、ともこちゃんのお母さんも国色天香なんだね。
ともこ
お母さんが聞いたら喜ぶわ。
健太
二人が並んで歩いていたら、姉妹のようだよね。
ともこ
よく間違えられるのよ。

国色天香(こくしょくてんこう)の例文

  1. ともこちゃんのお姉ちゃんは国色天香なので、今度モデルデビューすることが決まりました。
  2. 彼女は国色天香だから、ミスコン荒らしと言われています。
  3. あんな国色天香な人が同じオーディションを受けるなんてかなわない。
  4. 母が丹精込めて育てたバラは、国色天香で私の自慢でもあります。
  5. その国色天香は見事に咲き誇っていました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事