時代思潮【じだいしちょう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
時代思潮

【読み方】
じだいしちょう

【意味】
その時代時代の社会にて主流となっている思想の傾向のこと。

【語源・由来】
ある時代における思想の移り変わりや考えの動きという意味。

【類義語】
・時代精神(じだいせいしん)

【英語訳】
current thoughts
current ideas
thought of the times

英語例文
彼の考え方はまさに時代思潮を反映している。
His idea is just the same as the current thoughts.
【スポンサーリンク】

時代思潮(じだいしちょう)の使い方

ともこ
健太くん、歴史の宿題ってもうやった?私なんだかどうやってやったらいいかわかんなくて困ってるの。少し助けてほしいな。
健太
いいよ!僕はもう終わったしね。ともこちゃんはどんなこと調べてるの?
ともこ
ありがとう!私は当時の庶民の暮らしについて知りたいなって思ったんだけど、どうしたらいいかしら?
健太
そうだね。その当時に書かれていた本とかって読んでみた?庶民のために書かれた小説とかってその時の時代思潮を反映していることが多いから参考になると思うよ!

時代思潮(じだいしちょう)の例文

  1. 今考えれば、その時なぜそのようなことをしたのかと思うこともたくさんあるが、その時はそれが時代思潮となっていて、理由なんて考えることもなかったに違いない。
  2. この映画が撮影されたのはすごく昔のことだ。その当時の時代思潮を色濃く反映されているため、現代の我々にはよくわからないことも多い。
  3. 風俗画というの一見するとあまり価値がないように思われがちだが、当時の時代思潮がよくわかるとても貴重な資料となるのだ。
  4. 戦時中では誰もがなぜ戦っているのかとか負けるなどと考えてもいなかった。それが当時の時代思潮であり、国民として当たり前のことだったのだ。
  5. 彼とはいつも意見が合わないが、彼には時代思潮というものは通用しないらしい。とても独特な人間である。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事