遠謀深慮【えんぼうしんりょ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
遠謀深慮

【読み方】
えんぼうしんりょ

【意味】
深く考えをめぐらせて、遠い先の未来のことを見通して、手抜かりのない計画を立てること。または、その計画そのもののこと。

【語源・由来】
「文選」賈誼より。「過秦論」「遠謀」は将来のことを見通してしっかりと考えること。「深慮」は欠陥がないようにしっかり考えられた計画。

【類義語】
・深謀遠慮(しんぼうえんりょ)
・深慮遠謀(しんりょえんぼう)


遠謀深慮(えんぼうしんりょ)の使い方

健太
ともこちゃんの家は、とてもいい場所にたくさん土地を持っているよね。
ともこ
ええ。おじいちゃんが遠謀深慮に長けている人だったの。情報を収集することも得意で、どこに駅ができるかとかいち早く入手して、土地を手に入れていたのよ。
健太
へえ。すごいな。ぜひご教授願いたいな。
ともこ
健太くんは、その前に学校のテストで永遠の0点から脱出しないとね。

遠謀深慮(えんぼうしんりょ)の例文

  1. 遠謀深慮からくるともこちゃんの発言は、当時だれも耳を傾けなかった。
  2. 彼は、遠謀深慮に長けていて先を見通す力を持っています。
  3. 遠謀深慮に長けていた社長は、会社を計画倒産させました。
  4. 遠謀深慮できないと政治家としてはまだまだひよっこです。
  5. 健太くんは衝動的に行動するので、遠謀深慮のともこちゃんの爪の垢を飲めばいいと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事