随鴉彩鳳【ずいあさいほう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
随鴉彩鳳

【読み方】
ずいあさいほう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
自分より劣る人に嫁がされること。また、それに不満を持つこと。転じて、婦人が夫をぞんざいに遇すること。

【語源・由来】
劉将孫の「沁園春」より。美しい色のおおとりが鴉に嫁ぐという意味。「鳳」は瑞鳥でおおとり、「鴉」はからす。

【類義語】
・彩鳳随鴉(さいほうずいあ)


随鴉彩鳳(ずいあさいほう)の使い方

ともこ
私のお姉ちゃんが結婚することになったの。
健太
おめでたい話なのに、何で泣きそうな顔をしているの?
ともこ
この結婚はお父さんが決めたんだけど、随鴉彩鳳、お姉ちゃんが嫁ぐなんてもったいないような人なのよ。もっといい人はいたはずなのに。
健太
それは心からお祝いすることができないね。

随鴉彩鳳(ずいあさいほう)の例文

  1. 結婚前は優しかったのに、今では随鴉彩鳳、朝起きて見送りをしてくれることさえありません。
  2. 夫である僕を顎で使うなんて、随鴉彩鳳、昔はよかったなあ。
  3. 結婚した彼女は、随鴉彩鳳だ、私にはもっとふさわしい良い男性がいたはずだと愚痴っていました。
  4. あんなお嬢様が、健太くんのようなうだつが上がらない人のところに嫁ぐなんて随鴉彩鳳です。
  5. 子供が生まれてから、僕より子供優先で、随鴉彩鳳、まあしょうがないか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事