本地垂迹【ほんちすいじゃく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】
本地垂迹

【読み方】
ほんちすいじゃく

「ほんじすいじゃく」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
仏や菩薩が人々を救う一つの手段として、神の姿を借りて現れること。またそのように仏教と神道を結びつけた考え方。

【語源・由来】
「本地」は仏の本体のこと。「垂迹」は迹(あと)を垂れる意。

【類義語】
・神仏混淆(しんぶつこんこう)

【対義語】
・神仏分離(しんぶつぶんり)


本地垂迹(ほんちすいじゃく)の使い方

健太
このお茶碗にも、この机にも神様がいるんだよね。
ともこ
そうなのよ。日本ではキリスト教やイスラム教と違って、それぞれの物に宿った神様がいて、それら全ての神様を大事にしていたのよ。
健太
その八百万神たちは、仏様の化身だというのが、本地垂迹説なんだね。
ともこ
そうなのよ。八百万神が仏様でもそうじゃなくても、物は大事にしたいわよね。

本地垂迹(ほんちすいじゃく)の例文

  1. 仏教が日本に渡来し、神道と融合し本地垂迹説が生まれました。
  2. 本地垂迹は明治時代の神仏分離により衰えました。
  3. 神様と仏様の関係を説くのに生み出されたのが本地垂迹説です。
  4. 本地垂迹は美術や建造物にも影響を残しました。
  5. 本地垂迹説は、天台智者大師が法華経を解釈する際、本門と迹門とに分けた方法に由来するともいわれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事