梅妻鶴子【ばいさいかくし】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
梅妻鶴子

「妻梅子鶴」ともいう。

【読み方】
ばいさいかくし

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
梅と鶴を家族にする意で、妻をめとらず俗世を離れ、気ままに風流に暮らすたとえ。

「梅妻」は、妻をめとらずに梅を植えること。「鶴子」は、子をもたずに鶴を飼うこと。

【語源・由来】
『古今図書集成』引『詩話総亀』より。中国宋の時代、林逋は、隠遁して西湖のほとりに住んでいたが、妻をめとらず梅を植え、子のかわりに鶴を飼い、船を湖に浮かべて清らかに風雅に暮らしたという。


梅妻鶴子(ばいさいかくし)の使い方

ともこ
健太くんのおじさんは結婚しているの?
健太
一人で梅妻鶴子な生活をしているよ。
ともこ
へえ。気ままでいいわね。
健太
うん。とても幸せに満ち溢れているようだよ。

梅妻鶴子(ばいさいかくし)の例文

  1. 梅妻鶴子の気ままな暮らしをしている兄さんの作る詩歌は、心のゆとりを感じさせるものばかりです。
  2. 早期退職して梅妻鶴子で風雅に暮らしたいと思っています。
  3. 日本各地で梅妻鶴子の暮らしを望む人が増え、田舎への移住が盛んです。
  4. 梅妻鶴子で庭木を眺めながら暮らす毎日は、私に生きる意味を取り戻させてくれました。
  5. 今はあくせく働いているけれども、いずれは梅妻鶴子の暮らしがしたいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事