杯賢杓聖【はいけんしゃくせい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
杯賢杓聖

【読み方】
はいけんしゃくせい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
杯と杓を聖賢にたとえて言ったもの。

【語源・由来】
「杯」はさかずき、「杓」は酒を酌むひしゃくという意味。


杯賢杓聖(はいけんしゃくせい)の使い方

健太
父さんが最近仕事がうまくいっていないのか、お酒に逃げていて困っているんだよね。
ともこ
あんまり飲みすぎないように言ったほうがいいんじゃないの?
健太
お酒におぼれるなって言っているんだけど、杯賢杓聖、これは聖人君主なんだ、大変ありがたいものなんだって訳のわからない屁理屈を言うんだよね。
ともこ
それは手の施しようがないわね。

杯賢杓聖(はいけんしゃくせい)の例文

  1. 杯賢杓聖というように、飲酒は聖人や賢人に近づく聖なる行為なのである。
  2. そんなに酒を邪険にいうではない、杯賢杓聖というじゃないか。
  3. 杯賢杓聖、お酒を飲めばそれだけで世界中の人間は仲良くなり、平和になると父はいっています。
  4. 杯賢杓聖だから飲んでみなさいといわれ、お酒をすすめられてから、お酒にはまってしまいました。
  5. お酒の味を知らない人生なんて損だ、杯賢杓聖というくらいいいものなんだぞ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事