大胆奔放【だいたんほんぽう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
大胆奔放

【読み方】
だいたんほんぽう

【意味】
度胸があり、周囲にとらわれずに思い通りにふるまうこと。

【語源・由来】
「大胆」は、度胸があること。「奔放」は、勢いがよいこと。転じて、周囲にとらわれず、思いどおりに振る舞うこと。

【典拠・出典】

【類義語】
豪快奔放(ごうかいほんぽう)
剛毅果断(ごうきかだん)
・広壮豪宕(こうそうごうとう)
・豪胆無比(ごうたんむひ)
大胆不敵(だいたんふてき)
抜山蓋世(ばつざんがいせい)


大胆奔放(だいたんほんぽう)の使い方

ともこ
健太くんったら大胆奔放ね。
健太
どこが?
ともこ
電車の中で、そんな大きな口を開けてハンバーガーを食べるなんて、大胆奔放だわ。
健太
お腹がすいて限界だったんだ。おいしいよ。

大胆奔放(だいたんほんぽう)の例文

  1. 大胆奔放な健太くんは、遅刻しても堂々と正門から登校する。
  2. 健太くんの大胆奔放さを繊細なともこちゃんに少し分けてあげればいいと思うんだ。
  3. この国の王子さまは大胆奔放で、傾奇者と呼ばれています。
  4. 健太くんは大胆奔放なので、常識的な人間が考えつかない作戦を思いつく。
  5. 新人の健太くんは、大胆奔放で新人らしくない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索