跋扈跳梁【ばっこちょうりょう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
跋扈跳梁

「跳梁跋扈」ともいう。

【読み方】
ばっこちょうりょう

【意味】
悪者などがはびこり、勝手気ままに振る舞うこと。

【語源・由来】
「跋扈」は思うままにのさばり振る舞うこと。「跳梁」はおどりあがりはね回ること。

【典拠・出典】

【類義語】
飛揚跋扈(ひようばっこ)
横行闊歩(おうこうかっぽ)
横行跋扈(おうこうばっこ)
跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)


跋扈跳梁(ばっこちょうりょう)の使い方

健太
この町は不良たちが跋扈跳梁していて、怖い雰囲気の街だよね。
ともこ
そうね。ニューヨークの街は、落書きを消して街をきれいにしたら犯罪が減ったそうよ。
健太
ふーん。じゃあ、この町もきれいにしてみようか。
ともこ
そうね。効果があるかもしれないわよね。

跋扈跳梁(ばっこちょうりょう)の例文

  1. 振り込め詐欺をする犯罪者が跋扈跳梁していて、なかなか根絶できないでいます。
  2. 警察が賄賂をもらって犯罪者を見逃しているので、この辺りは泥棒が跋扈跳梁しています。
  3. 昔、昔、あるところに人々を苦しめる竜たちが跋扈跳梁する国がありました。
  4. 永田町には魑魅魍魎が跋扈跳梁しているんですって、こわいわよね。
  5. テロリストが跋扈跳梁している地域への渡航は、原則禁止されています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索