牝鶏之晨【ひんけいのしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
牝鶏之晨

【読み方】
ひんけいのしん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
妻女が権力を握って、勢力をふるうこと。

【語源・由来】
『書経』「牧誓」より。「牝鶏」はめんどり。「晨」はにわとりが夜明けの時を告げること。王后や王妃が勢力をふるうことで、中国では国家が乱れるもととされた。

【類義語】
・牝鶏司晨(ひんけいししん)
・牝鶏牡鳴(ひんけいぼめい)
・哲婦傾城(てっぷけいせい)


牝鶏之晨(ひんけいのしん)の使い方

健太
牝鶏之晨は国家が滅びると考えられてきたんだよね。
ともこ
女性の方が情に厚いからかしらね。冷静になれないと考えられたのかしら。
健太
ともこちゃんはいつも冷静で、時に冷酷非情だよね。ともこちゃんみたいな女性なら、情に流されずに政治を執り行うことができるよね。
ともこ
それは褒め言葉なのかしら?

牝鶏之晨(ひんけいのしん)の例文

  1. 牝鶏之晨、めんどりが時を告げれば国亡ぶ、といわれていた時代はもう遠く昔の事、今では古い考えです。
  2. 女性が社会進出し、牝鶏之晨だと晩婚化少子化が進み、国は滅ぶと予想する人がいます。
  3. 牝鶏之晨は国が亡びる、女性は口を挟むなと言われました。
  4. 女性は一歩下がって男性を立て、牝鶏之晨なんてとんでもない。
  5. 牝鶏之晨は国が滅びる予兆だとヒトラーが言ったとか言わないとか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事