万国共通(ばんこくきょうつう)の意味と使い方の例文

【四字熟語】
万国共通

【詠み方】
ばんこくきょうつう

【意味】
全ての国で通用するもの。「万国」は世界にある全ての国。「共通」は複数のもの全てに通用すること。

【スポンサーリンク】

万国共通(ばんこくきょうつう)の使い方

健太
ともこちゃん。あの人、僕になにか言っているみたいだ。なんて言っているのかな?
ともこ
うーん。何語で話しているのかすらわからないわ。でもなんだか怒っているようね。
健太
そうだね。なんだか、ひどくけなされている気がするよ。この不快感は、言葉が変わっても万国共通だね。
ともこ
そうね。きっと、今私たちは、日本語に訳したくないような汚い言葉で罵られているんでしょうね。

万国共通(ばんこくきょうつう)の例文

  1. 母を亡くした子供の悲しみは万国共通です。
  2. 「数字」は万国共通なので、数学は英語よりもすごいんですよ。
  3. 警察の目つきが悪いのは万国共通でした。
  4. キャンプファイヤーで気分が高揚するのは万国共通のことなのでしょうか。
  5. 彼女を美しいと思う気持ちは万国共通だったらしく、彼女はミスワールドに選ばれました。
  6. その曲を聴いてみんなが感嘆の声をあげたのだけれども、感動する心は万国共通らしい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事