直情真気【ちょくじょうしんき】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
直情真気

【読み方】
ちょくじょうしんき

【意味】
偽りのない、本当のありのままの気持ち。

「直情」は、ありのままの気持ち。「真気」は、偽りのない本当の気持ち。

直情真気(ちょくじょうしんき)の使い方

健太
ともこちゃん。どうやって告白すればいいのかな。
ともこ
まっすぐ、ストレートに、直情真気が伝わるように。
健太
直情真気が伝わったら、OKしてもらえるのかな。
ともこ
それは、健太くんの魅力次第ね。

直情真気(ちょくじょうしんき)の例文

  1. 演説を聞いて直情真気が伝わったので、この人に投票しようと思いました。
  2. 健太くんの目を見て、詐欺ではなく直情真気だと分かった。
  3. 健太くんの直情真気を見せてみよ。
  4. 直情真気を伝えるために、健太くんは、百回手紙を書きなおしました。
  5. ともこちゃんは電話では直情真気は伝えられないと考え、直接会うことにしました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事