沈著痛快【ちんちゃくつうかい】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
沈著痛快

「沈着痛快」とも書く。

【読み方】
ちんちゃくつうかい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
落ち着きがあり、さっぱりとして心地よいこと。人の性質や芸術作品についていう語。


沈著痛快(ちんちゃくつうかい)の使い方

健太
ともこちゃんは沈著痛快、一緒にいると心地いい、安心できる女の子だよね。
ともこ
そうかしら?
健太
そうだよ。わが校きってのお嫁さん候補ナンバーワンなんだよ。
ともこ
そんな風に言われているなんて知らなかったわー。

沈著痛快(ちんちゃくつうかい)の例文

  1. この絵は沈著痛快、リビングに飾ったら落ち着いた毎日を送ることができそうだ。
  2. ともこちゃんは沈著痛快な音楽を奏でる天才音楽家なんです。
  3. 日々のストレスを解消できるような、沈著痛快な曲ばかり集めたCDを製作しようと思っています。
  4. 沈著痛快な絵なので、どこに飾ってもしっくりなじんで、見るたびに楽しませてくれる絵だと思います。
  5. 僕の心にフィットするような、こんな心地よい沈著痛快な芸術作品に今まで出会ったことがありませんでした。

まとめ

沈著痛快というような芸能人といえば、お嫁さんにしたい女性芸能人ナンバーワンである綾瀬はるかさんでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事