珍味佳肴【ちんみかこう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
珍味佳肴

「珍味嘉肴」とも書く。

【読み方】
ちんみかこう

【意味】
めったに食べられない、たいへんおいしいごちそう。「珍味」は珍しくおいしい食べ物、「佳肴」はうまいさかなの意味。


珍味佳肴(ちんみかこう)の使い方

ともこ
健太くん。ここはいい景色ね。この辺でお弁当を食べましょうよ。
健太
うわあ。お弁当を作って来てくれたの?ありがとう。うわあ。珍味佳肴ばかりじゃないか!
ともこ
この絶景に、おいしい空気に、おいしい料理、もう最高よね。
健太
そうだね。そしてともこちゃんの素敵な笑顔。もう何もいらないね。

珍味佳肴(ちんみかこう)の例文

  1. 珍味佳肴を目の前に出されても、今の僕では、食欲は湧きおこってこないだろう。
  2. 珍味佳肴をそろえて、健太くんをもてなしました。
  3. せっかくの珍味佳肴なのに、こんなに騒々しくては味わえない。
  4. お腹が空いていたみんなは、珍味佳肴を盛った大きなお皿の周りに、我先にと集まりました。
  5. 見たことも無いような珍味佳肴の数々なのに、時間が無くてゆっくり食べることが出来ない。
  6. 空腹のまま寝たので、夢の中で、珍味佳肴を食べようとしては消え、食べようとしては消えというとても嫌な夢を見ました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事