池魚之禍【ちぎょのわざわい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
池魚之禍

【読み方】
ちぎょのわざわい

【意味】
なんの関係も無いのに、災難に巻き込まれることや巻き添えにあうこと。

【語源・由来】
「太平御覧」風俗通、「太平広記」水族、「呂氏春秋」必己より。語源が諸説ある言葉。
①罪を犯した桓タイが逃げるときに、池に宝珠を投げ込み、それを探すために池をさらったために魚が全滅したという故事から。
②城門の火事の消火のために池の水を使ったために、干上がって魚が全滅したという故事から。
③城門の火事が広がり、池中魚という名前の人の家に燃え移って死んだという故事から。

【類義語】
・殃及池魚(おうきゅうちぎょ)

【スポンサーリンク】

池魚之禍(ちぎょのわざわい)の使い方

ともこ
健太くん。池魚之禍だわ。私は、何もしていないのに、何で健太くんと一緒に走って逃げているの?
健太
巻き込んでしまってごめんねー。でも説明している暇はないんだ。がんばって逃げてー。
ともこ
あとで、ちゃんと説明してもらいますからね。
健太
追いかけてくる人より、ともこちゃんの方がこわいかも。

池魚之禍(ちぎょのわざわい)の例文

  1. 夫婦喧嘩に巻き込まれるなんて、池魚之禍だ。
  2. 火元に気を付けていたのに、階下の火事に巻き込まれるなんて池魚之禍です。
  3. 健太くんのせいで私まで先生に怒られるなんて、池魚之禍、迷惑な話です。
  4. 池魚之禍、ちゃんと横断歩道を渡っていたのに、よそ見していた車にはねられました。
  5. 自分が気を付けていても、池魚之禍といように、誰かの不注意でけがをすることもあります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事