池魚之禍【ちぎょのわざわい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
池魚之禍

【読み方】
ちぎょのわざわい

【意味】
なんの関わりも無いのに、とんだ災難に巻き込まれること。また、巻き添えで無実の罪に問われること。

【語源・由来】
池に投げ込まれた宝玉を探すため、池の水をさらったので魚が死んでしまったという話から。
また一説に、城内が火事で焼け、消火に池の水を使ったため魚が死んでしまったことからもいう。

【典拠・出典】
太平御覧』「風俗通」,『太平広記』「水族」,『呂氏春秋』「必己」

【類義語】
・殃及池魚(おうきゅうちぎょ)


池魚之禍(ちぎょのわざわい)の使い方

ともこ
健太くん。池魚之禍だわ。私は、何もしていないのに、何で健太くんと一緒に走って逃げているの?
健太
巻き込んでしまってごめんねー。でも説明している暇はないんだ。がんばって逃げてー。
ともこ
あとで、ちゃんと説明してもらいますからね。
健太
追いかけてくる人より、ともこちゃんの方がこわいかも。

池魚之禍(ちぎょのわざわい)の例文

  1. 夫婦喧嘩に巻き込まれるなんて、池魚之禍だ。
  2. 火元に気を付けていたのに、階下の火事に巻き込まれるなんて池魚之禍です。
  3. 健太くんのせいで私まで先生に怒られるなんて、池魚之禍、迷惑な話です。
  4. 池魚之禍、ちゃんと横断歩道を渡っていたのに、よそ見していた車にはねられました。
  5. 自分が気を付けていても、池魚之禍といように、誰かの不注意でけがをすることもあります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索