忠勇無双【ちゅうゆうむそう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
忠勇無双

【読み方】
ちゅうゆうむそう

【意味】
この上なく忠義心が厚く、勇敢であるさま。また、そのような人。

「無双」は、ならぶもののないほどすぐれたさま。

【類義語】
・忠勇義烈(ちゅうゆうぎれつ)


忠勇無双(ちゅうゆうむそう)の使い方

ともこ
忠勇無双な健太くんは、世が世なら、殿さまに重用されていたでしょうね。
健太
世が世なら、僕が殿さまになっているの間違いじゃないの?
ともこ
それは買いかぶりすぎでしょう。
健太
そこはうそでも肯定しておいてよ。

忠勇無双(ちゅうゆうむそう)の例文

  1. 家臣が忠勇無双である大名が、歴史に名を残すことができる。
  2. あれほど優秀な部下はいない、まさに忠勇無双だ。
  3. 手放すのが惜しいくらい忠勇無双なやつだった。
  4. 健太くんは忠勇無双で、上司のためなら火の中水の中。
  5. 事業を拡大するにあたって、忠勇無双な社員を採用したい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事