枉駕来臨【おうがらいりん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
枉駕来臨

【読み方】
おうがらいりん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
訪問を歓迎する敬語表現。「枉駕」は進路を変えてわざわざ立ち寄ること。「来臨」は来客があることの敬語表現。「わざわざお越しいただきまして」という意味。


枉駕来臨(おうがらいりん)の使い方

ともこ
昨日のピアノの発表会に、枉駕来臨、わざわざ来てくれてありがとう。
健太
うん。普段は演奏会に行かないんだけど、聴きに行って良かったよ。こちらこそ招待してくれてありがとう。
ともこ
来年はもっと難しい曲に挑戦するから、良かったら来年も来てね。
健太
うん。ぜひ行かせてもらうよ。

枉駕来臨(おうがらいりん)の例文

  1. 分刻みのスケジュールで忙しい恩師が、枉駕来臨でわざわざ会場に顔を出してくれました。
  2. 枉駕来臨、こんな山奥の遠い家までわざわざ足を運んでくれてありがとうございます。
  3. 枉駕来臨、雨が降って足下が悪い中、よく来てくれました。
  4. 枉駕来臨、私たち二人の結婚式のためにこんなに大勢の人に来ていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
  5. 枉駕来臨、わざわざご足労いただきありがとう、途中、電車の乗り換えが何回もあって大変だったでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事