重見天日【ちょうけんてんじつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
重見天日

【読み方】
ちょうけんてんじつ

「重ねて天日を見る」とも読む。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
暗く苦しい状況から解放されて、以前の明るい状態に戻ること。

【語源・由来】
「重見」は重ねて見る、再び見ること。「天日」は太陽のこと。

【類義語】
・撥雲見天(はつうんけんてん)


重見天日(ちょうけんてんじつ)の使い方

健太
バブル崩壊から長い不況の時代を経て、ようやく重見天日の兆しが見えてきたよね。
ともこ
私には兆しすら見えないわ。
健太
何で?株価が上がっているじゃないか。
ともこ
実際の生活は、株価では測れないわ。物価は上がっても給料は上がらず、何にも楽になっていないもの。

重見天日(ちょうけんてんじつ)の例文

  1. 重見天日となっていつか笑える日が来るように、この経営危機をみんなで乗り切ろうじゃないか。
  2. 健太くんが総理大臣である限り、日本経済が重見天日となるのは不可能な話です。
  3. ともこちゃんが経営陣に名を連ねるようになってから、劇的に重見天日となりました。
  4. 私の感触からして、重見天日となる日は近いと思っています。
  5. 考え方や見方を少し変えるだけで、重見天日となることは多いです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事