一路平安【いちろへいあん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
一路平安

【読み方】
いちろへいあん

日本漢字能力検定
5級

【意味】
旅立つ人の道中の安全を祈る言葉。「一路」は旅の道中のこと。「平安」は無事で穏やかなこと。

【語源・由来】
「紅楼夢」一四回より。

【類義語】
・一路順風(いちろじゅんぷう)
・平安一路(へいあんいちろ)


一路平安(いちろへいあん)の使い方

健太
明日から、家族でハワイに行ってくるんだよ。
ともこ
へえ。いいわね。一路平安を祈っているわ!
健太
ありがとう。お土産を買ってくるね。
ともこ
やったあ。おいしいものがいいなあ。楽しみにしているわね。

一路平安(いちろへいあん)の例文

  1. 修学旅行に出発する前に、校長先生から一路平安を祈る言葉が、生徒たちに贈られました。
  2. 僕が上京するとき、家族総出で門の外まで出てきて、何度も何度も声高に一路平安を祈ってくれました。
  3. 祖母の家から帰るとき、一路平安を祈るように僕に手を振り続けてくれました。
  4. 出発前にともこちゃんから電話があって、一路平安を祈ると一言だけいわれました。
  5. 普段いがみ合っている悪友から、旅立つ前に、一路平安を祈るという一言をもらい、少し泣きそうになりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事