一円一帯【いちえんいったい】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
一円一帯

【読み方】
いちえんいったい

【意味】
そのあたり一面。

【由来】

【類義語】

【対義語】

【英語訳】


一円一体(いちえんいったい)の使い方

健太
実は今日お母さんを怒らせちゃってさ・・・。今日お弁当がないんだけどよかったら少し分けてくれない?
ともこ
いったいどうしたの!お弁当を作ってもらえないなんてよっぽどお母さん怒っているのね・・・。自分の衣食住をお願いしている人を怒らせるなんて!何がお母さんの逆鱗に触れたの?
健太
僕、塾に通ってるんだけど、昨日サボってゲームセンターで遊んでいたんだ。それをお母さんの友達に見られちゃったらしくて・・・。
ともこ
これは一円一帯怒りの炎で焼け焦げるわね。しっかりと謝ってきなさい!今度からはしっかりと塾に行くのよ!

一円一帯(いちえんいったい)の例文

  1. 私の父親は、俗にいう亭主関白で、彼を怒らせると一円一帯悲惨なことになる。
  2. チェルノブイリ原発事故のせいで、一円一帯は放射能汚染され、人や動物がすむことのできない土地になってしまった。
  3. 重油を運んでいるタンカーが、漁船と衝突してしまい、船体に穴が開いてしまったために重油が海へ流れ出し、一円一帯に生息している魚たちは死んでしまった。
  4. 彼は非常に明るく、人当たりがいいため一円一帯の人はみな、彼と話すと幸せな気分になる。
  5. 非常に優秀な捜査官が赴任して以来、一円一帯の犯罪者は捕らえられ、凶悪な事件も全く起こらなくなった。
  6. とある外国では、一円一帯の警察官は、汚職しているかマフィアと癒着しているかの2種類しかいないため、市民は不安と恐怖で眠れない夜を過ごしていた。
  7. 彼女は求職活動をしていたが、一円一帯の会社を受けてしまったため、県外の会社も視野に入れて取り組むことにした。
  8. 一円一帯の婚活男性は、自分より年齢が低いので、そこの地域で私と結婚してくれる人はいないと思う。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事