大沢礨空【だいたくらいくう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】
大沢礨空

【読み方】
だいたくらいくう

【意味】
大小がひどくかけ離れていることのたとえ。大きな沢と小さい穴の意。

【語源・由来】
「大沢」は大きな沢、広い沼地。「礨空」は小さな穴、あり穴。

【典拠・出典】
荘子』「秋水」


大沢礨空(だいたくらいくう)の使い方

ともこ
健太くんと健太くんのお兄さんは大沢礨空、身長の差がすごいわね。
健太
そうなんだよ。兄さんは195cmあるのに、僕は165㎝なんだよ。
ともこ
健太くんは成長期だからまだまだ伸びるのかしらね?
健太
伸びてほしいよ。

大沢礨空(だいたくらいくう)の例文

  1. ともこちゃんの大豪邸の横にある小さい我が家、まさに大沢礨空、ひどく大きさが違って貧富の差を感じるなあ。
  2. 健太くんのケーキは大きく切りすぎよ、大沢礨空、私のと全然違うじゃないの。
  3. 実物大のガンダムとプラモデルのガンダムを並べると大沢礨空、違いは一目瞭然。
  4. ぞうと蟻が並ぶと大沢礨空、両方一緒に写真を撮ることができないくらい大きさが違います。
  5. お相撲さんと健太くん、大沢礨空で体格に差がありすぎて、健太くんがいつもよりさらに小さく見えます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索