黛蓄膏渟【たいちくこうてい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
黛蓄膏渟

【読み方】
たいちくこうてい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
水面が非情に静かなさま。まゆずみをたくわえ、あぶらをたたえたような静かな水面という意味。

【語源・由来】
柳宗元の「遊黄渓記」より。「渟」は水などを深くたたえていること。


黛蓄膏渟(たいちくこうてい)の使い方

ともこ
今日の湖は黛蓄膏渟ね。
健太
そうだね。昨日は風が強くて、海のように波立っていたよね。
ともこ
昨日は水が濁って、茶色になっていたけれども、今日は風が穏やかで黛蓄膏渟、水が澄んできれいね。
健太
本当に。水底の魚が見えるくらいにきれいだよ。

黛蓄膏渟(たいちくこうてい)の例文

  1. 今日は黛蓄膏渟だから、船を浮かべて向こう岸に渡ることができると思いますよ。
  2. 黛蓄膏渟で、魚にこちらの動きが見えて警戒されているから、今日は釣りはできません。
  3. その湖は黛蓄膏渟、まるで空を映した鏡のようでした。
  4. 一匹の鯉が跳ね、波紋が見られましたが、今は黛蓄膏渟、水面は揺れることもなくとても静かです。
  5. この湖は、天気が穏やかで黛蓄膏渟といった状態のときには、富士山が水面に映ってとてもきれいなんだけどね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事