CATEGORY 出典:荘子(そうじ/そうし)

『荘子』は、中国戦国時代の宋の蒙に生まれた思想家で、『荘子』の著者とされ、また道教の始祖の一人とされる人物である。姓は荘、名は周。字は子休とされるが、字についての確たる根拠に乏しい。曾子と区別するため「そうじ」と濁って読むのが日本の中国文学・中国哲学関係者の習慣となっている。

「く」で始まる四字熟語

空谷足音【くうこくのそくおん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 空谷足音 【読み方】 くうこくのそくおん 【意味】 人気のないさびしい谷間に響く足音。転じて、孤独なときに思いがけなく人が訪れたり便りが届いたりする喜び。 【語源・由来】 「空谷」は、人気のないさびしい谷。…

「でたらめ」の四字熟語一覧

妄誕無稽【もうたんむけい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 妄誕無稽 【読み方】 もうたんむけい 【意味】 根拠がなく、でたらめなこと。うそ偽り。 【語源・由来】 「妄誕」は、うそ。偽り。「無稽」は、よりどころがないこと。でたらめ。「稽」は、ここでは、考え。 【典拠…

「み」で始まる四字熟語

以水救水【みずをもってみずをすくう】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 以水救水 【読み方】 みずをもってみずをすくう 【意味】 水をそそいで水をとめようとする。方法を誤り、ますます勢いづかせること。 【典拠・出典】 『荘子』「人間世」 【類義語】 ・以火救火(いかきゅうか) …

「た」で始まる四字熟語

大鵬之志【たいほうのこころざし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 大鵬之志 【読み方】 たいほうのこころざし 【意味】 とても大きな志。 【語源・由来】 「大鵬」は、一とびに9万里ものぼるという想像上の大鳥。鵬。おおとり。 【典拠・出典】 荘子「逍遥遊」 大鵬之志(たいほ…

「こ」で始まる四字熟語

厚貌深情【こうぼうしんじょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 厚貌深情 【読み方】 こうぼうしんじょう 【意味】 親切で正直そうな顔つきだが、本心では何を考えているかわからないこと。また、態度も心も親切な意味でも用いる。 【語源・由来】 「厚貌」は真面目で正直そうな顔…

「く」で始まる四字熟語

君子殉名【くんしじゅんめい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 君子殉名 【読み方】 くんしじゅんめい 【意味】 立派な人は、名誉のために自身を犠牲にする。 【語源・由来】 「君子」は、高い身分の人。人格が立派な人。徳が高くて品位のそなわった人。「殉名」は名誉のために、…

「よどみない」の四字熟語一覧

驪竜之珠【りりょうのたま】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 驪竜之珠 【読み方】 りりょうのたま 【意味】 命懸けで求めなければ得られない貴重な物のたとえ。また、危険を冒して大きな利益を得ることのたとえ。黒い竜のあごの下にあるという宝玉の意。また、要領を得たすばらし…

「よ」で始まる四字熟語

用管窺天【ようかんきてん】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 用管窺天 【読み方】 ようかんきてん 【意味】 視野や見識が狭いことのたとえ。細い管から天をうかがい見る意。 【典拠・出典】 『荘子』「秋水」 【類義語】 ・以管窺天(いかんきてん) ・管中窺豹(かんちゅう…

「や」で始まる四字熟語

冶金踊躍【やきんようやく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 冶金踊躍 【読み方】 やきんようやく 【意味】 自分が置かれている立場に安んじることができないたとえ。 【語源・由来】 るつぼの中ではねあがって、外へ出ようとすること。 【典拠・出典】 『荘子』「大宗師」 …

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

奔逸絶塵【ほんいつぜつじん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 奔逸絶塵 【読み方】 ほんいつぜつじん 【意味】 非常にはやく走ること。 【語源・由来】 「奔逸」は走り逃げること。「絶塵」は塵ひとつ立てずに速く走ること。 【典拠・出典】 『荘子』「田子方」 【類義語】 …

「ほ」で始まる四字熟語

抱柱之信【ほうちゅうのしん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 抱柱之信 【読み方】 ほうちゅうのしん 【意味】 約束をかたく守ること。また、馬鹿正直で融通がきかないこと。 【語源・由来】 「信」は信義のこと。 中国春秋時代、魯の国に尾生という若者がいた、あるとき橋の下…

「ほ」で始まる四字熟語

縫衣浅帯【ほういせんたい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 縫衣浅帯 【読み方】 ほういせんたい 【意味】 儒者の服。転じて、儒者・文人。 【語源・由来】 袖の下から両わきを縫った衣服と細い帯のこと。「縫衣」は袖の下から両わきを縫った服。 【典拠・出典】 『荘子』「…

「へ」で始まる四字熟語

駢拇枝指【べんぼしし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 駢拇枝指 【読み方】 べんぼしし 【意味】 無用なもののたとえ。 【語源・由来】 「駢拇」は足の第一指と第二指がくっついて一つになっていること。「枝指」は手の親指のわきに六本目の指が生えていること。 荘子が…

「へ」で始まる四字熟語

平気虚心【へいききょしん】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 平気虚心 【読み方】 へいききょしん 【意味】 気を平らかにして心を虚しくする。心にわだかまりがなく平静な心をいう。 【典拠・出典】 『荘子』「漁父」 【類義語】 ・虚心平意(きょしんへいい) ・虚心坦懐(…

「ふ」で始まる四字熟語

蚊虻之労【ぶんぼうのろう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 蚊虻之労 【読み方】 ぶんぼうのろう 【意味】 取るに足りない技能のこと。 【語源・由来】 「蚊虻」は虫の蚊と虻のことで、つまらないことのたとえ。「労」は労力のこと。蚊や虻の労力という意味で、些細な技能をい…

「ふ」で始まる四字熟語

附贅懸疣【ふぜいけんゆう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 附贅懸疣 【読み方】 ふぜいけんゆう 【意味】 無用なもののこと。 【語源・由来】 「贅」「疣」はともにこぶ・いぼのこと。ついてぶらさがっているこぶやいぼということ。 【典拠・出典】 『荘子』「駢拇」 附贅…

「こだわらない」の四字熟語一覧

不将不迎【ふしょうふげい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 不将不迎 【読み方】 ふしょうふげい 【意味】 過ぎ去ったできごとをくよくよと悔やみ、まだ来ないことにあれこれ心を悩ますことをしないこと。 【語源・由来】 去るものを送ったり、来るものを迎えたりしないこと。…

「こだわらない」の四字熟語一覧

不繋之舟【ふけいのふね】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 不繋之舟 【読み方】 ふけいのふね 【意味】 心にわだかまりがなくさっぱりしていて無心なこと。また、定めなく流れただよっていること。 【語源・由来】 「不繋」はつなぎとめていないということ。 【典拠・出典】…

「でたらめ」の四字熟語一覧

謬悠之説【びゅうゆうのせつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 謬悠之説 【読み方】 びゅうゆうのせつ 【意味】 でたらめでとりとめのない考え方のこと。 【語源・由来】 「謬悠」はいつわりまちがって、とりとめのないこと。 【典拠・出典】 『荘子』「天下」 【類義語】 ・…