「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

出典:荘子(そうじ/そうし)

『荘子』は、中国戦国時代の宋の蒙に生まれた思想家で、『荘子』の著者とされ、また道教の始祖の一人とされる人物である。姓は荘、名は周。字は子休とされるが、字についての確たる根拠に乏しい。曾子と区別するため「そうじ」と濁って読むのが日本の中国文学・中国哲学関係者の習慣となっている。