電光朝露【でんこうちょうろ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
電光朝露

【読み方】
でんこうちょうろ

日本漢字能力検定
4級

【意味】
ごく短い時間のたとえ。また、人生のはかないことのたとえ。

【語源・由来】
『金剛経』より。「電光」はいなづま、「朝露」は葉に宿る朝のつゆ。一瞬の光であり、日が昇れば消える命であることから。

【類義語】
・一炊之夢(いっすいのゆめ)
・邯鄲之夢(かんたんのゆめ)
・黄粱之夢(こうりょうのゆめ)


電光朝露(でんこうちょうろ)の使い方

健太
地球の四十六億年の歴史に比べれば、人間の一生なんて電光朝露だよね。
ともこ
そうね。一億年後どころか、千年後には人間がいないかもしれないしね。
健太
電光朝露の人生なんだから、一生懸命生きないともったいないよ
ね。

ともこ
そうね。一瞬一瞬を大事に生きていきたいわね。

電光朝露(でんこうちょうろ)の例文

  1. 電光朝露といえる人生なんだから、悔いが残らないようにしよう。
  2. 若いころは時間は永遠に感じられるかもしれないけれども、電光朝露だよ。
  3. 流行なんて電光朝露、あっという間に過ぎ去っていきます。
  4. 今のうちに儲けられるだけ儲けないと、電光朝露というように、栄華は一瞬です。
  5. 電光朝露というように、あっという間に年老いてしまいました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事