天門開闔【てんもんかいこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
天門開闔

【読み方】
てんもんかいこう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
天の造化の門が開き閉じる。開くと万物が生成し、閉じると消滅することから、万物の生滅変化をいう。

【語源・由来】
『老子』「一〇章」より。「天門」はこ万物が生まれ出る門。老荘思想でいう無、道と同意とも、また玄妙な雌の性器とも心にある英知の門とも解され異説が多い。「闔」は閉じるという意味。


天門開闔(てんもんかいこう)の使い方

ともこ
花壇の花が枯れてしまったわ。育て方が悪かったのかしら。
健太
天門開闔、生き物はすべて生滅変化するものだよ。
ともこ
頭では分かっているんだけど、悲しいわ。
健太
ともこちゃん。見てよ。ほらあたらしい芽が出ているよ。またきれいな花を咲かせてくれるんじゃないかな。

天門開闔(てんもんかいこう)の例文

  1. この世のすべては天門開闔、変化し無常なものです。
  2. 天門開闔、死を嘆くことはない、永久不変なものなどないのだから。
  3. 生あるものは必ず滅す、天門開闔、死の瞬間まで生きている今を楽しもう。
  4. 天門開闔、この世は諸行無常、変化していくものだからこだわりを捨て、無の境地に到ろうじゃないか。
  5. 人の生死は天門開闔次第、人の意思ではどうにもできないものだから、悟りの境地で受け入れよう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事