同衾共枕【どうきんきょうちん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
同衾共枕

【読み方】
どうきんきょうちん

「衾を同じうして枕を共にす」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
同じしとねに枕を同じくして寝ること。主として男女が布団を同じくして睦まじく寝ることをいう。

【語源・由来】
「衾」は掛け布団・夜具・しとね。


同衾共枕(どうきんきょうちん)の使い方

ともこ
健太くんのお父さんとお母さんは同衾共枕しているの?
健太
僕の両親は別々の部屋で寝ているんだよ。
ともこ
へえ。夫婦は同衾共枕すると、夫婦円満でいられるらしいわよ。
健太
そうなんだね。だから父さんたちは喧嘩ばっかりなんだね。同衾共枕するようおすすめしてみるよ。

同衾共枕(どうきんきょうちん)の例文

  1. 最近忙しくて、夫婦の会話が減っているので、同衾共枕したほうがいいかもしれない。
  2. 同衾共枕していますが、夫のいびきがうるさくて不眠症気味です。
  3. 夫婦同じ部屋で同衾共枕したいけれども、お互い寝相が悪いから無理なんです。
  4. 調査によると、同衾共枕している夫婦は調べた夫婦の数の三割だけだったそうです。
  5. 同衾共枕すると離婚率が下がるという研究結果があるそうだが本当だろうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事