軻親断機【かしんだんき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
軻親断機

【読み方】
かしんだんき

日本漢字能力検定
1級

【意味】
物事を途中でやめてしまったり、諦めてしまってはいけないという戒めの言葉。おもに学問のことを指す。「軻親」は孟子(孟軻)の母親のこと。「断機」は織りかけている機の糸を途中で切ること。

【語源・由来】
「列女伝」鄒孟軻母より。孟子が学問を投げ出そうとしたときに、孟子の母親は織り途中の機の糸を切断して「学問を途中でやめることは、この織物と同じようなものだ」と言って戒めたという故事から。

【類義語】
・断機之戒(だんきのいましめ)
・孟母断機(もうぼだんき)


軻親断機(かしんだんき)の使い方

健太
ああー。だめだあ。成績が伸びない。
ともこ
今回は難しかったからしょうがないわよ。軻親断機というじゃないの。せっかく勉強をやる気になったのに、途中であきらめてはいけないわ。
健太
僕にはきっと無理なんだよ。
ともこ
そんなことないわよ。あきらめずがんばりましょう!

軻親断機(かしんだんき)の例文

  1. 軻親断機、ここで勉強することをあきらめたら、今までの努力が無駄になってしまうわよ。
  2. 軻親断機、一度の挫折ごときであきらめるのはもったいないです。
  3. 軻親断機、ともこちゃんに勝てないからって勉強をやめるのは、あなたの人生にとってマイナスでしかないです。
  4. 軻親断機、成績が下がったからって、絶望して勉強をすることをやめてはいけない。
  5. 軻親断機、勉強はあきらめず、たゆまず続けることに意味があるんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事