氷肌玉骨【ひょうきぎょっこつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
氷肌玉骨

【読み方】
ひょうきぎょっこつ

【意味】
美しい女性のこと。また、梅の花をいう。

【語源・由来】
「氷肌」は氷のように清らかな肌。また、寒中に白い花を開くことから梅の花。「玉骨」は高潔なようすのこと。

【典拠・出典】
孟昶「避暑摩訶池上」

【類義語】
・氷姿玉骨(ひょうしぎょっこつ)
明眸皓歯(めいぼうこうし)


氷肌玉骨(ひょうきぎょっこつ)の使い方

健太
楊貴妃は氷肌玉骨だったんだよね。
ともこ
歴史に影響を与えるくらいに氷肌玉骨だったなんてすごいわよね。
健太
ともこちゃんは普通の顔でよかったね。歴史に悪影響を与える恐れがないもんね。
ともこ
褒め言葉になっていないわよ。

氷肌玉骨(ひょうきぎょっこつ)の例文

  1. トップアイドルのともこちゃんは氷肌玉骨なので、歳をとっても女優として人気は衰えないでしょう。
  2. 氷肌玉骨な健太くんのお母さんは、全く45歳には見えませんよ。
  3. ともこちゃんは氷肌玉骨だから、きっとミス日本グランプリの栄冠は彼女の手にわたるでしょう。
  4. 氷肌玉骨な人がいると思ったら、モデルで有名なともこちゃんじゃないですか。
  5. ともこちゃんはすっぴんでも氷肌玉骨で、その美しさはどうやっても隠しようがありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索