永劫無極【えいごうむきょく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
永劫無極

【読み方】
えいごうむきょく

【意味】
いつまでも続いて、極まりがないこと。

【由来】
「永劫」はいつまでも続くこと。「無極」は、はてしないことから。

【類義語】
・永遠無窮(えいえんむきゅう)

【対義語】

【英語訳】
continue eternally

continueは「続く」という意味の動詞。eternallyは「永遠に」という意味の副詞。
英文例
その仕事は永劫無極に続くかと思うほど単調だった。The works were so monotonous that I thought it would continue eternally.

永劫無極(えいごうむきょく)の使い方

ともこ
どうしたの、そんなに浮かれちゃって?
健太
えへへ、実は昨日の試合のあと、女の子からサインしてって頼まれたんだ。生まれて初めてだよ
ともこ
すごいじゃない、大活躍だったのね
健太
いやあ、照れるなあ。こんな調子が永劫無極に続けばいいんだけどね

永劫無極(えいごうむきょく)の例文

  1. 絶景で有名な滝に訪れたのだが、その雄大さに見とれてしまった。ごうごうと流れ落ちる水の音には、永劫無極の響きがあった。
  2. 私が大好きな画家は、風景画に定評がある。私はその中でも、雪景色を描いた一枚が大好きだ。その絵には雪の舞い落ちる様が永劫無極の趣で描き出されている。
  3. 船から見る水平線は、見るものの心を惹きつける。私はそれが好きで船をよく利用するが、何度見ても永劫無極の景色に見入ってしまう。
  4. 満天の星空を見上げると、自分の悩みなどちっぽけなものに感じてしまう。それは永劫無極の輝きをもって、見るものの心を打つ。
  5. 私は、彼と一緒にいるだけで幸せだ。その時間はとても素敵なもので、永劫無極に続けば良いと思う。

まとめ

「永劫」はいつまでも続くことを、「無極」は、はてしないことを表すことから、永劫無極(えいごうむきょく)は、いつまでも続いて、極まりがないことを表す言葉となりました。永劫無極(えいごうむきょく)と言われて思い浮かべるのは、やはり雄大な自然の風景でしょう。自然の中に永劫無極(えいごうむきょく)を感じた時に、私たちはとても癒やされます。みなさまも、何か悩み事があるときは、空を見上げたり、花を見たりして心を落ち着けましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事