滞言滞句【たいげんたいく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
滞言滞句

【読み方】
たいげんたいく

日本漢字能力検定
3級

【意味】
言葉にばかりこだわって、真の道理が理解できないこと。

【語源・由来】
「滞」はこだわるという意味。「言」「句」はともに言葉のこと。もと仏教の語。

【類義語】
・尋言逐語(じんごんちくご)
・尋章摘句(じんしょうてきく)


滞言滞句(たいげんたいく)の使い方

ともこ
最近のマスコミは滞言滞句の愚をおかしている人ばかりよね。
健太
本当の意味をとらえないで、一つ一つの言葉だけクローズアップして揚げ足を取っているよね。
ともこ
マスコミじゃなくてマスゴミだわ。
健太
本当にね。マスコミが終わっている国は終わっているよね。

滞言滞句(たいげんたいく)の例文

  1. インターネット上には、滞言滞句の愚をおかしている人ばかりいます。
  2. 健太くんは滞言滞句、文章の表現方法にいちいち突っ込みを入れながら読んでいるので理解できていないと思います。
  3. 滞言滞句の愚をおかさないように、頭ではなく、心で受け止めよ。
  4. 読んでいるだけでは滞言滞句というように、表面しか理解できない、考え実践することが必要ですよ。
  5. 滞言滞句に陥らないように、字面だけでなくその奥を読み取るんだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事