円融三諦【えんにゅうさんだい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
円融三諦

【読み方】
えんにゅうさんだい

「えんにゅう」は「えんゆう」、「さんだい」は「さんたい」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
仏教の言葉で、空、仮、中の三つの心理がそれぞれの立場を保ちながらも、互いに溶け合っている状態が同時に成り立っていること。「円融」はお互いに融合しているが、それぞれ立場を保ちつつ妨げになっていないこと。「三諦」は空、仮、中の三つの真理のこと。

【語源・由来】
天台宗が説く三つの真理のことで、全てのものには実体が存在しないという「空」と、全てのものは因縁によって存在するという「仮」と、それら二つを超越して存在しているという「中」のことをいう。

【類義語】
・三諦円融(さんだいえんにゅう)


円融三諦(えんにゅうさんだい)の使い方

健太
ともこちゃんと僕は、二人だと対立することが多いけれども、三人だとうまくいくかもね。
ともこ
そうね。円融三諦というものね。三つの面が互いに融け合い、その他の要素を兼ね揃えながら円満に成立することができるってやつね。
健太
そうそう。円融三諦
ともこ
じゃあ、三人目の仲間をスカウトしに行きましょう!

円融三諦(えんにゅうさんだい)の例文

  1. 一人ひとりだと自己主張が激しすぎるけれども、三人で演奏すると円融三諦、とても美しい演奏になります。
  2. 円融三諦は三権分立、どちらにも偏らないという考え方に似ています。
  3. 円融三諦、仏様が見ている世界があり、現実社会の事象があり、その中に真理を見つけていくことです。
  4. 円融三諦、それぞれの世界にそれぞれの真理がある、だから文化や考え方が違うからと言って否定したり攻撃してはいけない。
  5. 円融三諦、三諦がお互いに融け合っている真理の状態、この難しい概念を理解出来る時、悟りに近づいていると思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事