無間地獄【むけんじごく】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
無間地獄

【読み方】
むけんじごく

「むげんじごく」とも読む。
日本漢字能力検定
3級

【意味】
仏教でいう八大地獄の一つ。大罪を犯したものが絶えることなく責め苦を受ける地獄。


無間地獄(むけんじごく)の使い方

ともこ
健太くん。そんな悪いことをしたら無間地獄に落ちることになるわよ。
健太
ええーっ。こんなことで地獄行きなの?言うほど大したことをしていないじゃないか。
ともこ
悪い行為に小さいも大きいもないわ。
健太
無間地獄に落ちたくないから、心を入れ替えて明日からは誠実に生きていくよ。

無間地獄(むけんじごく)の例文

  1. 健太くんなんて無間地獄に行って、閻魔様にひどい目に遭わせられればいいのよ。
  2. 健太くんは無間地獄に行くから、天国に行く私とは死んだらもう二度と会うことはないでしょうね。
  3. あんなひどい罪を犯した健太くんは、間違いなく無間地獄に落ちて、法とは別に神様の裁きを受けることになるでしょう。
  4. 無間地獄には、世界中の極悪人が集まって、罪を悔やみ苦しみ続けているんでしょうね。
  5. 君のようなろくでなしは、無間地獄に落ちて無限の苦しみを味わうべきだと思うんだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事