猿臂之勢【えんぴのいきおい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
猿臂之勢

【読み方】
えんぴのいきおい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
進退や攻守を自在に変化させることのできる軍隊の体制のこと。または、遠い場所に陣を張ること。「猿臂」は猿のような長いひじのこと。

【語源・由来】
「旧唐書」李光弼伝より。弓を扱うには長いひじのほうが有利ということから、弓の扱いに長けた人のことをいう。また、長いひじを自在に操るということから、進退や攻守を自在に変えることができることをいう。


猿臂之勢(えんぴのいきおい)の使い方

健太
大人になった時、猿臂之勢、臨機応変に事態に対応する能力が求められるよね。
ともこ
そうね。机の上で詰め込んだ知識だけでは、社会を生き抜くことはできないわね。
健太
じゃあ。0点ばかりの僕でも立派な大人になることが出来る可能性があるわけだね。
ともこ
0点ばかりは、極端すぎると思うわよ。

猿臂之勢(えんぴのいきおい)の例文

  1. 大災害が頻発している昨今、明日は我が身と思い、猿臂之勢が求められます。
  2. いつでも猿臂之勢で対応できるように、健康に気を使っています。
  3. 彼は、猿臂之勢で攻めたりひいたりして、契約数ナンバーワンに昇り詰めました。
  4. マニュアルに頼らず、彼は、猿臂之勢でこの修羅場をくぐりぬけました。
  5. 猿臂之勢、指示待ち世代には、この能力が求められます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事