腐敗堕落【ふはいだらく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
腐敗堕落

【読み方】
ふはいだらく

日本漢字能力検定
2級

【意味】
精神がたるみ乱れて、弊害が多く生じる状態になること。

【語源・由来】
「腐敗」がくさりくずれること。「堕落」は正しい健全な状態を失って、悪い状態になること。


腐敗堕落(ふはいだらく)の使い方

健太
生徒会役員が、賄賂を受け取っていたんだって。腐敗堕落だよね。
ともこ
生徒の代表である彼らが悪事に手を染めるなんて、とても残念な話よね。
健太
それで、急きょ、新しい生徒会役員を選出する選挙が行われることになったんだって。
ともこ
へえ。それはクリーンなイメージの私が出るしかないわね。

腐敗堕落(ふはいだらく)の例文

  1. 不正を知ってしまったからには腐敗堕落を見逃すなんてことは僕にはできません。
  2. 連日テレビで流れているのは、腐敗堕落した政治家のニュースばかりでうんざりします。
  3. 彼が総理大臣になってから、この国は腐敗堕落した、犯罪の多い国になってしまいました。
  4. 腐敗堕落しきったこの学校に、僕がメスを入れることにしました。
  5. 公文書の書き換えという官僚の腐敗堕落が明るみに出て、国民に大きな衝撃を与えました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事