東奔西走【とうほんせいそう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

スポンサーリンク

【四字熟語】
東奔西走

【読み方】
とうほんせいそう

【意味】
あちこち忙しくかけまわること。
目的を達成したり仕事を処理するために、いろいろな方向や場所へ忙しく走り回ること。

【由来】
「奔」と「走」はどちらも走るという意味。
東西に奔走するということ。

【類義語】
南船北馬(なんせんほくば)
東行西走(とうこうせいそう)
東走西奔(とうそうせいほん)
南行北走(なんこうほくそう)
右往左往(うおうさおう)
周旋奔走 (しゅうせんほんそう)

【対義語】

【英語訳】
Be on the move
busy oneself

例文 彼は始終東奔西走している
He is constantly on the move.
【スポンサーリンク】

東奔西走(とうほんせいそう)の使い方

ともこ
小林先生はとてもやさしくていい先生だよね!
健太
でも最近小林先生とても疲れているみたい。
放課後もあまりみかけないよね?
ともこ
お母さんたちから聞いたけど、今度の大きなPTA集会のために、
あちこちと忙しく東奔西走しているらしいよ。
健太
今度の大きなPTA集会は年に一回の大事な会合だから大変だよね。

東奔西走(とうほんせいそう)の例文

  1. 営業がピンチということでセールスに回され、ノルマを達成するのに東奔西走した。
  2. 彼女はあれ以来町中血まなこで東奔西走していたのである。
  3. 彼の動きを見ると、東奔西走して、若々しい活動ぶりだ。
  4. 会社会議室が埋まっていたため、研修の会場探しに東奔西走する必要がでてきた。
  5. 仕事に油の乗った働き盛りであり、いつもいそがしく東奔西走した時代。
  6. 東奔西走していた私たちの苦労が、楽をしていた君にわかってたまるか。
  7. お金を返すために東奔西走したのならともかく、何もしていなかったのは問題だ。

まとめ

「東奔西走」は、ある程度結果が達成された場合に用いる言葉。
無理な命令や突然のアクシデントでうろたえて走り回り、なんの結果ももたらさない場合は「右往左往(うおうさおう)」を使います。
「東奔西走」が東と西といった、確実な方向性と目的意識を表現している点が「右往左往(うおうさおう)」との違いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事