舞文弄法【ぶぶんろうほう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
舞文弄法

【読み方】
ぶぶんろうほう

「文を舞わし法を弄ぶ」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
法を都合のいいように解釈すること。法の条文を曲解して濫用すること。

【語源・由来】
『史記』「貨殖伝」より。「舞」「弄」ともに、もてあそぶ、思うように動かすこと。

【類義語】
・舞文巧法(ぶぶんこうほう)


舞文弄法(ぶぶんろうほう)の使い方

健太
舞文弄法は乱世の兆しというけれども、憲法九条の解釈を巡って政治家が言い争っているね。
ともこ
せっかく戦争を放棄したのにグレーゾーンをあえて作るなんて理解できないわ。
健太
世界中の国が同時に戦争を放棄すれば、こんな問題にならないのにね。
ともこ
それが理想ね。

舞文弄法(ぶぶんろうほう)の例文

  1. 一部の政治家が、舞文弄法して戦争をしようとしています。
  2. 舞文弄法することができないよう、憲法に細かく説明書きをつけるべきでしたね。
  3. 政治家は口が達者だから、自分の都合のいいように舞文弄法するのもうまいですよね。
  4. 舞文弄法した結果、案の定世の中が乱れました。
  5. 神聖なる憲法を舞文弄法するような政治家は、即刻リコールすべきです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事