内柔外剛【ないじゅうがいごう】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】
内柔外剛

【読み方】
ないじゅうがいごう

日本漢字能力検定
2級

【意味】
内心は気が弱いのだが、外見は強そうに見えること。

【語源・由来】
『易経』「否・彖伝」より。内は柔らかで外は剛いという意味。

【対義語】
・外柔内剛(がいじゅうないごう)
・内剛外柔(ないごうがいじゅう)


内柔外剛(ないじゅうがいごう)の使い方

健太
ともこちゃん。一緒に帰ろうよ。
ともこ
いいけど、どうかしたの?
健太
僕は内柔外剛だから、気弱なのに強そうだと勘違いした不良たちから、よくからまれるんだよね。
ともこ
それは大変ね。じゃあ一緒に帰りましょう。

内柔外剛(ないじゅうがいごう)の例文

  1. 空手で鍛えている健太くんは内柔外剛の人物で、実は気が弱く優しい。
  2. ああ見えて彼は内柔外剛の人で、蚊を殺すことすらできません。
  3. 健太くんのお父さんは刑事さんでこわもてだけれども、内柔外剛、とても優しい面倒見が良い人なんだよ。
  4. 彼はいつもしかめつらで怖そうに見えるけれども、内柔外剛、はにかみ屋なだけで話すといいやつなんです。
  5. 健太くんは内柔外剛、怖い人と誤解されやすいけれども、本当は心優しき少年なんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事