不失正鵠【ふしつせいこく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
不失正鵠

【読み方】
ふしつせいこく

「ふしつせいこう」と読むのは慣用読み。
「正鵠を失わず」「正鵠を失せず」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
物事の重要な点を正確にとらえること。的をはずさず急所をつくこと。

【語源・由来】
『礼記』「射義」より。「正鵠」は弓の的の真ん中の黒い星(図星)のことをいう。転じて、物事の要点・急所の意。「


不失正鵠(ふしつせいこく)の使い方

健太
ともこちゃんの指摘は不失正鵠だね。確かにその通りだと思うよ。
ともこ
不失正鵠なのに、何で先生たちは私の指摘に対して渋い顔をするのかしら。
健太
先生たちには、白黒はっきりさせずにグレーのままにしておきたいこともあるんじゃないかな。
ともこ
大人って面倒ね。

不失正鵠(ふしつせいこく)の例文

  1. ともこちゃんの説明は誰よりも不失正鵠でした。
  2. 不失正鵠な勉強方法で、無駄無く好成績をとることができます。
  3. 健太くんの指摘は不失正鵠ではなく。見当はずれなものでした。
  4. ともこちゃんの解釈は不失正鵠で、その場に居合わせたみんながうなずきました。
  5. 不失正鵠な発言をするともこちゃんは、生徒たちから尊敬され、先生からも感心されています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事