鼠窃狗盗【そせつくとう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
鼠窃狗盗

【読み方】
そせつくとう

【意味】
泥棒の異称。

【語源・由来】
「史記」叔孫通伝より。「鼠窃」は鼠のように他人に見つからないように盗みを働くこと。「狗盗」は犬の鳴き声の真似をして、家に入り込むこと。

【スポンサーリンク】

鼠窃狗盗(そせつくとう)の使い方

健太
昨日、僕の家に鼠窃狗盗が入ったんだよ。
ともこ
ええっ。何か盗まれたの?鍵はかけていなかったの?
健太
通帳とかお金は大丈夫だったんだけど、僕のパソコンだけ盗まれてしまったんだ。鍵は、うっかりかけ忘れてしまっていたんだ。
ともこ
鍵をかけないと、鼠窃狗盗にようこそ我が家へって言っているようなものよ。

鼠窃狗盗(そせつくとう)の例文

  1. 有名な鼠窃狗盗五右衛門は、強欲なお金持ちからしか盗まず、盗んだお金は貧しい人たちに分け与えていました。
  2. 警察にムササビと呼ばれていた鼠窃狗盗は、ベランダをつたって高層階の部屋に忍び込んでいました。
  3. おばあちゃんの家から知らない人が出てきたので、問い詰めたら鼠窃狗盗でした。
  4. 鼠窃狗盗のようにこそこそしない!
  5. 現場の指紋から、他の窃盗事件の鼠窃狗盗と同一人物であることがわかりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事