無事息災【ぶじそくさい】の意味と使い方の例文(類義語)

スポンサーリンク

【四字熟語】
無事息災

【読み方】
ぶじそくさい

【意味】
穏やかで変わったことが特にないこと。「無事」は特別なことが特になにもないこと。「息災」は仏の力でさまざまな災いを取り除くこと。

【類義語】
・安穏無事(あんのんぶじ)
・太平無事(たいへいぶじ)
・無事平穏(ぶじへいおん)
・平安無事(へいあんぶじ)
・平穏無事(へいおんぶじ)

【スポンサーリンク】

無事息災(ぶじそくさい)の使い方

ともこ
健太くん。明日から空手の合宿で海外に行くのよね?
健太
うん。そうなんだ。毎日トレーニングして、強くなって帰ってくるよ。
ともこ
無事息災を祈っているわね。
健太
うん。ありがとう。食事が合わなくてお腹を壊さない様に気を付けるよ。

無事息災(ぶじそくさい)の例文

  1. あなたのお母様は、あなたの無事息災な姿を見て、うれし涙にくれることでしょう。
  2. 彼女が無事息災であることが分かればそれでいいのです。
  3. 事故に巻き込まれたと聞いたので、無事息災そうで良かったです。
  4. あなたの無事息災を祈って、おばあさんは、毎日神社で手を合わせていましたよ。
  5. 無事息災でまたあなたにお会いできる日を楽しみにしております。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事