CATEGORY 出典:礼記(らいき)

『礼記』とは、儒教の最も基本的な経典である「経書」の一つで、『周礼』『儀礼』と合わせて「三礼」と称される。『小戴礼記』とも。全49篇。

「か」で始まる四字熟語

冠婚葬祭【かんこんそうさい】の意味と使い方や例文(出典・語源由来)

【四字熟語】 冠婚葬祭 【読み方】 かんこんそうさい 【意味】 慣習的に定まった慶弔の儀式の総称。 【語源由来】 「冠」は元服・成人式、「婚」は婚礼、「葬」は葬儀、「祭」は祖先の祭礼。 【典拠・出典】 『礼記』礼運 冠婚…

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

君子慎独【くんしはひとりをつつしむ】の意味と使い方や例文(出典)

【四字熟語】 君子慎独 【読み方】 くんしはひとりをつつしむ 【意味】 君子は他人が見ていない所でもその行いを慎む。 【典拠・出典】 「礼記」大学 君子慎独(くんしはひとりをつつしむ)の使い方 君子慎独(くんしはひとりを…

「き」で始まる四字熟語

教学相長【きょうがくあいちょうず】の意味と使い方や例文(出典)

【四字熟語】 教学相長 【読み方】 きょうがくあいちょうず 【意味】 人に教えることと師から学ぶこととは相補い合うもので、両方を経験してはじめて学業も向上する。 【典拠・出典】 「礼記」学記 教学相長(きょうがくあいちょ…

「い」で始まる四字熟語

一弛一張【いっしいっちょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 一弛一張 【読み方】 いっしいっちょう 【意味】 弦を強く張ったり、ゆるめたりすること。転じて、人に厳しく接したり、やさしく接したりすること。政治家・上司、また教育者の心得で、時には厳格に、時には寛大に程よ…

「り」で始まる四字熟語

離群索居【りぐんさっきょ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 離群索居 【読み方】 りぐんさっきょ 【意味】 同朋や友人、仲間と離れて一人でいること。 【語源・由来】 「群」はなかま・ともがら。「索」はさびしい、また、散る、離れる意。 【典拠・出典】 『礼記』「檀弓・…

「よ」で始まる四字熟語

用和為貴【ようわいき】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 用和為貴 【読み方】 ようわいき 【意味】 人と人とが和合することの重要性をいう語。仲よくすることが、最も大切であるということ。 【語源・由来】 聖徳太子が定めた「十七条憲法」の第一条にある語。 【典拠・出…

「ほ」で始まる四字熟語

濮上之音【ぼくじょうのおん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 濮上之音 【読み方】 ぼくじょうのおん 【意味】 淫乱な音楽のこと。また、国を滅亡にみちびく亡国の音楽のこと。 【語源・由来】 「濮上」は濮水(河南省にある川の名)のほとりのこと。「桑間濮上の音」の略。 中…

「ふ」で始まる四字熟語

負薪之病【ふしんのへい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 負薪之病 【読み方】 ふしんのへい 【意味】 自分の病気の称。 【語源・由来】 「負薪」は薪を背負うこと。「憂」は病気のこと。薪を背負った疲れで病気になること。また、病気で薪を背負えなくなること。 【典拠・…

「ふ」で始まる四字熟語

負薪之憂【ふしんのうれい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 負薪之憂 【読み方】 ふしんのうれい 【意味】 自分の病気の称。 【語源・由来】 「負薪」は薪を背負うこと。「憂」は病気という意味。薪を背負った疲れで病気になること。また、病気で薪を背負えなくなること。 【…

「ふ」で始まる四字熟語

不失正鵠【ふしつせいこく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 不失正鵠 【読み方】 ふしつせいこく 【意味】 物事の重要な点を正確にとらえること。的をはずさず急所をつくこと。 【語源・由来】 「正鵠」は弓の的の真ん中の黒い星(図星)のことをいう。転じて、物事の要点・急…

「ひ」で始まる四字熟語

被髪文身【ひはつぶんしん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 被髪文身 【読み方】 ひはつぶんしん 【意味】 中華の文明に浴していない異民族の風俗のこと。 【語源・由来】 「被髪」は髪を結ばずに解き乱してあるもの、「文身」はからだに入れ墨をすること。 【典拠・出典】 …

「は」で始まる四字熟語

蛮夷戎狄【ばんいじゅうてき】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 蛮夷戎狄 【読み方】 ばんいじゅうてき 【意味】 中国の周辺部の異民族の総称。 【語源・由来】 古代中国では、漢民族の周辺の諸国を、東夷、西戎、南蛮、北狄と称して、異民族を卑しんでいたことから。 【典拠・出…

「ずうずうしい」の四字熟語一覧

跛立箕坐 【はりゅうきざ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 跛立箕坐 【読み方】 はりゅうきざ 【意味】 無作法なさま。 【語源・由来】 片足で立ったり、両足を投げ出してすわったりする。「跛」はかたよる、片足で立つ。「箕」は「み」というざるの一種で両足を投げ出したさ…

「は」で始まる四字熟語

抜来報往【ばつらいほうおう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 抜来報往 【読み方】 ばつらいほうおう 【意味】 速やかに来て、速やかに往くこと。また、たびたび行き来すること。 【語源・由来】 「抜」と「報」ともに疾いという意味。「抜来」は疾く往くこと。 【典拠・出典】…

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

発揚蹈厲【はつようとうれい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 発揚蹈厲 【読み方】 はつようとうれい 【意味】 手足を上げ地を踏んで、激しい勢いで舞を舞うこと。 【語源・由来】 「発揚」は盛んにすること。「蹈」は足踏みする。小踊りすること。「厲」は激しい厳しいさまをい…

「は」で始まる四字熟語

博聞彊識【はくぶんきょうしき】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 博聞彊識 【読み方】 はくぶんきょうしき 【意味】 広く書物を読んで、物事をよく記憶していること。見聞が広く、かつよく記憶していること。 【語源・由来】 「博聞」は広く聞き知る、見聞が広いという意味。 【典…

「に」で始まる四字熟語

入境問禁【にゅうきょうもんきん】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 入境問禁 【読み方】 にゅうきょうもんきん 【意味】 国境を超えたら、まずその国・地方で禁止されていることをたずね、それを犯さないことがたいせつであるということ。 【典拠・出典】 『礼記』「曲礼・上」 【類…

「に」で始まる四字熟語

二姓之好【にせいのこう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 二姓之好 【読み方】 にせいのこう 【意味】 夫の家と妻の家との親しい交際のこと。結婚に際していう。 【語源・由来】 「二姓」は結婚する、異なる二つの姓のことです。古来の中国では同姓は結婚してはいけないとい…

「と」で始まる四字熟語

独学孤陋【どくがくころう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 独学孤陋 【読み方】 どくがくころう 【意味】 師匠や学問上の友もなく一人で学ぶと、見聞が狭くひとりよがりでかたくなになる。 【語源・由来】 「孤陋」は見識が狭くひとりよがりでかたくななこと。 【典拠・出典…