蚕食鯨呑【さんしょくげいどん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
蚕食鯨呑

【読み方】
さんしょくげいどん

【意味】
強大な国が、弱小な国を侵略していくこと。

「蚕食」は、蚕が桑の葉を食うように、片端から次第に他国または他人の領域を侵略すること。「鯨呑」は、鯨が魚を丸呑みにすること。

蚕食鯨呑(さんしょくげいどん)の使い方

健太
好戦的なあの国が、とうとう隣国に侵攻し始めたんだってね。
ともこ
そうなのよ。蚕食鯨呑という愚行で平和を脅かすなんて許せないわ。
健太
世界大戦に発展したらどうしよう。
ともこ
犠牲者が多くならないうちに、これ以上蚕食鯨呑を続けるのをやめさせるわよ!

蚕食鯨呑(さんしょくげいどん)の例文

  1. A国が、蚕食鯨呑というように周囲の国を併合し、国際問題になっています。
  2. ともこちゃんは、蚕食鯨呑という身勝手なことをしているB国に抗議するため、デモを行いました。
  3. 健太くんの会社は、まるで蚕食鯨呑を続ける強大な国ように、中小企業の弱みを握って傘下に置き、勢力拡大中です。
  4. アレキサンダー大王は、病に倒れるまで蚕食鯨呑を続け、長生きできれば世界征服をなしとげたかもしれない。
  5. イギリスは、蚕食鯨呑を続け、大英帝国と呼ばれるまでになった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事