学知利行【がくちりこう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・英語訳)

【四字熟語】
学知利行

【読み方】
がくちりこう

【意味】
人が踏み行うべき道を学んで理解することで、その正しさを認識して、実践すること。

【語源由来】
「学知(がくち)」とは、人倫の道を学んで知るということ。「利行(りこう)」とは、正しさを認めて実践するということ。
人が踏み行うべき、人倫の道を認識して、実践していくための三つの段階のうちの一つ。

【典拠・出典】
中庸』「二○章」

【英語訳】
Study intellect Toshiyuki.


学知利行(がくちりこう)の使い方

健太
学校の勉強って、本当になにかの役に立つのかな。
ともこ
健太くん。いろいろなことを学ぶのは大切なことよ。
健太
特に道徳は、勉強してなんの意味があるのかなって思うんだ。
ともこ
学知利行を身につけるために、必要なことだと思うわ。

学知利行(がくちりこう)の例文

  1. 学知利行を心がけて、努力することが大切だ。
  2. 学知利行の習慣をつけることは、とても重要なことだと考えている。
  3. 彼は幼い頃から、学知利行を心がけているなんて、とても驚いた。
  4. 学知利行ということについて、先生がじっくり教えてくれた。

まとめ

学知利行ということは、とてもむずかしいことのように思うかもしれませんが、とても大切なことなのですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索