言行相反【げんこうそうはん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語)

【四字熟語】
言行相反

【読み方】
げんこうそうはん

【意味】
言っていることとやっていることが異なること。

「言行」は、ことばとおこない。発言と行動。「相反」は、互いに反対の関係にあること。

【類義語】
・言行不一致(げんこうふいっち)

【対義語】
・言行一致(げんこういっち)


言行相反(げんこうそうはん)の使い方

ともこ
健太くん。テスト勉強をするって言ってたのに、なんで漫画を読んでいるの。
健太
おもしろそうな漫画を見つけてしまったんだ。
ともこ
言行相反はよくないわよ!
健太
ごめんなさい。言行一致を心がけます。

言行相反(げんこうそうはん)の例文

  1. 健太くんはいつも言行相反なので、信用してはいけない。
  2. ともこちゃんは大抵が言行相反、やるといってやらない、やるやる詐欺だ。
  3. 言行相反は人の信用を失う。
  4. ともこちゃんのように言行相反だと、後輩は誰もついてきてはくれない。
  5. 常に言行相反な健太くんとは、契約を交わすことはできません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事